本文へ メインメニューへ

マリオ・ボッタ

古典建築から誕生した現代建築のコード、マリオ・ボッタ

  • マリオ・ボッタイメージ
    • 誰か都市を通り過ぎるとき、神秘な姿にひかれてリウムを訪れるでしょう。
    • ウェブ・サイトへ

1943年、スイスのメンドリソ-ティチノ-で生まれたマリオ・ボッタはティチノ-地方を中心に活動しながら、地域的アイデンティティーをよくいかし、世界的な名声を得ている建築家です。

建築はすべての芸術の母体です。

イタリアのミラノとベニスで建築を勉強した後、ル・コルビュジェとルイス・カーンの設計事務所で経験を積み、イタリアの建築家、カルロ・スカルパにも学びました。以後、今までティチノ-の中心都市であるルガーノに自分の事務室(Mario Botta Architetto)を構え、活動しています。1980年以降、彼が設計したティチノ-地方の建築物は世界的な話題を呼び、彼は多くの賞と名声を得るようになりました。

スイスのヌーシャテルのデュレンマット記念館、バーゼルのジャン・ティンゲリ美術館、日本の東京のワタリウム美術館、最近世界的な注目を浴びているアメリカのサンフランシスコの現代美術館(SFMOMA)など、数多くの美術館を設計しました。
1999年、ボロミニ誕生400周年を記念するサン・カルロ教会のモデルをルガーノ湖に製作したことでも分かるように、マリオ・ボッタの建築は、ヨーロッパの古典建築、特に、ロマネスク教会の伝統に根を下ろしています。彼はその地域の自然から得た素材、石や土のような不変の材料、そして、光が与える劇的効果を建築物に用いることに関心があります。彼は建築物を通して地域の伝統を現代的に再解釈し、堅固な重量感と強烈な幾何学的形に表現してきました。

次のようなマリオ・ボッタの考えは、彼が何ゆえ真面目に伝統の再解釈と建築の崇高美についてこだわっているのかを語ってくれます。

"いい建築は私たちに現代の問題点を悟らせ、現代が陳腐な時代にならないように抵抗するようにしてくれる道具です。建築は人間の寿命よりもっと長く持ちます。それは今の時代の感性と感受性の尺度であり、同時に過去を証言する、数少ない人間の行為です。"

インタビュー映像

Leeum Digital Guide

Leeum Digital Guide introduction

The Digital Guide Desk is located on the right side of the Information Desk.
Audiovisual explanation of an artwork is provided along with high-definition images when the work is detected by the device during the tour.
You can also enlarge images of an artwork to observe to details. see the detail of the work.

360-degree-rotation-functions Full three-dimensional views are available provided for the selected some ceramic works. Images can be rotated to show the back of the work, which is not visible from the conventional museum display setting. while enlarging them.

Employing the Page-turning functions are equipped for manuscripts and books of paintings., you can turn the pages by swiping your finger on the screen to read inside the pages also see works that are not on display.

AR (Augmented Reality) functions are to translate traditional Chinese characters on a painting into the Korean language.

Utilizing Download Images function, you can save the pictures of museum architecture to your own smart phone. You can download images provided by the museum to your smart phone through Download Images.

When you are finished with the tour, you can review the list of works you have looked during the tour by selecting Replay Works function.
You can also revisit works after the tour through Replay Works, which shows the list of artworks viewed by the user.

建築家のインタビュー

誰か都市を通り過ぎるとき、神秘な姿にひかれてリウムを訪れるでしょう。

先生の建築は幾何学的に独特な形とレンガのような自然的な素材を用いることに特徴されます。
このような要素がどのような意味を持っていますか。

純粋幾何学は簡単に解釈できるという長所を持ちます。

単純な形は人々に直接的に伝わります。それで、人々が受け入れやすいです。また、古典的で伝統的な材料が世界的な印象を与えることは、それが幾何学的な次元や時間の次元を乗り越え、人々に直接意味が伝わるからです。
私が建築物を設計する時、一番最初に考慮するのは、幾何学の基本に属するのか、自然的なことか、人間と空間が求めていることかなどです。レンガや石材のような天然材料を用いた建築物は、ただ自然的なことや幾何学的なことだけでなく、人間と空間が必要とするものです。このような人間の本性が形と材料に価値を与える基盤になると信じています。 インタビューーをもっと見る