本文へ メインメニューへ

ジャン・ヌーヴェル

イメージ建築で未来的な詩を詠む芸術家、ジャン・ヌーヴェル

  • ジャン・ヌーヴェルイメージ
    • 木の枝や根のように様々な空間の話を聞いてみてください。
    • ウェブ・サイトへ

フランス出身の建築家、ジャン・ヌーヴェルは建築係だけでなく、文化芸術全般にわたって国際的にその名の知れた人です。1945年生まれで、パリ国立高等芸術学校であるエコール・デ・ボザールを一等で入学するほど、早くからその天才性はあらわれました。

木の枝や根のように様々な空間の話を聞いてみてください。

"ジャン・ヌーヴェルは、1976年、フランスの建築運動「Mars 1976」を主導、1980年にはパリの建築ビエンナーレで芸術部分の企画を担当するなど、幅広い活動を広げています。1983年、芸術家と文学家に与えられるナイト爵位を受けたこともあります。
1987年に竣工されたパリのアラブ文化院は、アラブとヨーロッパ文化の関係、伝統と現代の衝突を蓄積して表現し、絶賛を受けた彼の代表作です。その他、パリのカルティエ財団、リヨンのオペラハウス、最近竣工されたプラハのアンデルビルなどを数えることができるし、ガウディのサグラダファミリアとともにバルセロナの新しいランドマークになるアグバ・タワーが竣工を待っています。

ジャン・ヌーヴェルは多くの作品を通して現代的で、未来指向的な都市的感性を表現してきました。ガラス、鉄など冷たい材料を好んで使い、鋭くて粹な印象を持つジャン・ヌーヴェルの建築は一つの巨大な芸術品だとたとえられます。建築を詩的次元にまで昇華させなければならないと主張するジャン・ヌーヴェルは、芸術家のように直観的なインスピレーションで設計に取り組みます。最先端のテクノロジーと現代芸術の美的感覚が交差する接点の上で発揮されてきた彼の建築は急進的で挑戦的です。

ジャン・ヌーヴェルがどうして建築を直観でデザインし、彼の建築がどうして詩的な印象に満ちているかは次のような言葉で確認することができます。

“いいことにも建築には正解というたった一つの答えがないです。無数にある答えと数えきれない興奮という答えがあるだけです。実現できる答えができるだけでも十分です。しかし、このような答えは意外にも単純すぎるか、明白でありますが、逆に解読できないものだったりします。”

インタビュー映像

Leeum Digital Guide

Leeum Digital Guide introduction

The Digital Guide Desk is located on the right side of the Information Desk.
Audiovisual explanation of an artwork is provided along with high-definition images when the work is detected by the device during the tour.
You can also enlarge images of an artwork to observe to details. see the detail of the work.

360-degree-rotation-functions Full three-dimensional views are available provided for the selected some ceramic works. Images can be rotated to show the back of the work, which is not visible from the conventional museum display setting. while enlarging them.

Employing the Page-turning functions are equipped for manuscripts and books of paintings., you can turn the pages by swiping your finger on the screen to read inside the pages also see works that are not on display.

AR (Augmented Reality) functions are to translate traditional Chinese characters on a painting into the Korean language.

Utilizing Download Images function, you can save the pictures of museum architecture to your own smart phone. You can download images provided by the museum to your smart phone through Download Images.

When you are finished with the tour, you can review the list of works you have looked during the tour by selecting Replay Works function.
You can also revisit works after the tour through Replay Works, which shows the list of artworks viewed by the user.

建築家のインタビュー

私は建築の中に芸術を入れ、都市の中に建築を入れる。

リウムプロジェクトを引き受けた時の感想はどうでしたか。そして、プロジェクトの主なコンセプトは何ですか。

ずいぶん前にこのプロジェクトに取り掛かったんですが、当時、敷地には他の建物がありました。初めに私の関心事は地形との関係を念頭に置きながら建物を空間が持つ屈曲の中、その一部に建てるということでした。

白紙状態の空間ではなく、都市の中で長年の年月を経た屈曲ですね。それがプロジェクトが具体化されるにつれて、建物が空間の中に含まれるようにするために、土からそびえるようにする必要があると考えました。美術館に訪れた人々は土の中から建物が飛び出たような感じを受けると思います。木々も建物の入口に植えないで、10~15m程度低い所に植えます。水平と屈曲の対比を見せてくれる建築だと言えます。そして、屈曲した地形に似た様々なボリュームを見せてくれるはずです。ちょっと恣意的に見えるかもしれませんが、その差と方向によって様々な可能性を持つ内部空間が生まれるはずです。 インタビューーをもっと見る